bar mimosa 扉の向こう側

優しい想い出だけ集め。 bar mimosa 熊本市中央区下通1-2-8第三森山ビル二階 096-351-7733 営業時間 20:00~3:00 定休日 水曜日

91歳

我が家の愛犬ミモザじいさんが16歳の誕生日を迎えた。

人の年齢だと91歳らしい。

去年からガクッと体力も落ちたし、食欲もあまりなかったり、耳も遠くなって寝てる時間も増え、毎日自宅で点滴したりしてるけど、それでもまあまあ元気。

この先の時間は贈り物だと思って、のんびりマイペースで一緒に暮らしていこう。

誕生日おめでとうミモ。

f:id:barmimosa:20180215204523j:plain

縁もゆかりも

今日は友達の友人の命日。

友達が名古屋に住んでた時の友人らしく、合った事もないし僕には縁もゆかりもないけど、毎年この日を友人がここで過ごしてくれた事で縁ができた。

今日はその友人が来れないので代わりに献杯
f:id:barmimosa:20180213201347j:image

あいつもちゃんと覚えてますよ。

安らかにお眠り下さい。

来世で友達になりましょうね。

 

食べるスープ

スープも色々あるけど、ミネストローネは"食べるスープ"って印象。

f:id:barmimosa:20180208213015j:image

具が多いほうが美味しいよね。

これにペンネ入れたら完成。

 

週末は少し寒さも和らぐみたいだけど、雨は嫌だな。

福井県の大雪見てるとそんな事言ってられないけど。

どうか乗りきって。

ゴールド剥奪

10数年ゴールド免許を保持してきたけど、うっかりやってしまった(>_<)

 

一時停止は車体が止まるまで、

"これでもか!"

って言うくらいきっちり止めましょう。

f:id:barmimosa:20180207225716j:image

冬本番

いよいよ寒さのピーク。

二月を少しでも暖かく乗り越えられる様に、今月は内容を変えながらスープを出していきたいと思うよ。

きまぐれスープ第一弾は「芽キャベツとカブのチャウダー」。

無くなり次第、第二弾へ。f:id:barmimosa:20180201203656j:image

サイン本

気になっていた本をTSUTAYAで探し、そのまま手に取ってレジへ。
f:id:barmimosa:20180131165135j:image

店に戻って袋を開けると右下の文字に気づいた。
f:id:barmimosa:20180131165242j:image

サイン本?これはもしやと中を捲ると…
f:id:barmimosa:20180131165603j:image

著者"海猫沢めろん"氏のサインが。

これはラッキー。

サイン本なんてものが紛れて売ってあるなんて知らなかったよ。

 

この本、熊日文学賞を受賞したらしくて新聞に載ってたんだけど、カリスマホストが家に帰ると赤ちゃんが捨ててあって、クラウドファンディングでお金を集めて育てて行こうとするけどネットは大炎上して…って話し。

面白いよね、その発想。

土産

なんの伝手もなく飛び込んだオーディションは予想を越てえ緊張した。

ただ生活しているだけじゃ、あの緊張感は絶対に味わえない。結果がどう出ようと、そこに一歩踏み込んでみて良かった。

それにしても、町全体がこの映画を応援してて、地元の高校生や町民の方々がスタッフとして頑張ってる姿に心を打たれた。

凄い連帯感を感じたよ。

 

帰途につく前に、会場の近くにあった道の駅に寄って土産を物色。

芦北と言えばデコポン(らしい)。なので即購入。

そのデコポンを絞ってスパークリングワインで割って「デコポンミモザ」にしてみた。

f:id:barmimosa:20180130013730j:plain

デコポンのお陰だけど、我ながら美味しくできた。

 

そうそう、オーディションの部屋から出たところで読売新聞の記者さんに呼び止められ取材を受けたんだけど、それが29日付の朝刊に載ってた。

f:id:barmimosa:20180130014217j:plain

"新聞での募集を見て参加したという熊本市中央区の太田健さん(44)は「会場の雰囲気にのまれそうで緊張した。選ばれたら芦北のアピールを手伝いたい」"

 

もう少し時間貰えたら気の利いた事言えたのになー笑

何はともあれ、いい勉強になったよ。