bar mimosa 扉の向こう側

優しい想い出だけ集め。 bar mimosa 熊本市中央区下通1-2-8第三森山ビル二階 096-351-7733

今週の映画 cut1 ロッキー ザ ファイナル

もう二年くらいかな、休みの度にdvdをだいたい5本づつ借りて観てる。

何もない時は続けて数本観る時もあるけど、出勤前に支度をしながら10分とか、

食事をしながら15分とか、寝る前に30分とか、1週間でちょうど5本見てまた借りてくる。

いつの間にか趣味になってた。

このせっかくの趣味を少しだけ生かして、心に残った映画の事をたまに書いてみようと思うよ。

ーーーーーーーーーーーーー

久しぶりに観たくなって昨日借りてきたのは「ロッキー ザ ファイナル」原題‘ロッキーバルボア‘

監督・脚本シルヴェスタースタローン 2006年

言わずもがな、スタローンの代表作「ロッキー」の6作目。

この後に「クリード」って言うロッキーの戦友‘アポロ‘の息子との話があるけど、監督も脚本もスタローンがやったのはこれが今のところ最後。

1作目から30年の月日が経ち、ロッキーの環境も様変わり。

ジャケットを羽織ったレストランのオーナーがとても板についてた。

ゲストに、あの時の試合はこうだったと身振り手振りで説明し、料理を楽しみながらそれに聞き入るゲスト。あんな店あったらいいなぁ。

 

偉大すぎる父親に劣等感を抱き苦悩する息子。

不器用なロッキーは、熱い言葉、そして戦う姿で思いを伝える事を選ぶ。

 

エンディングもさる事ながらエンドロールも素敵だった。

 

「他人を指さして、自分の弱さをそいつのせいにするな」

あー、僕も怒られるな。

f:id:barmimosa:20160623204315j:plain